技術メモのかけら

内容はもとより調べたことすら忘れてしまうので個人的な技術メモを残しているブログです。Qiitaの記事にするほどでもない細かいネタを投稿します。

svn接続が証明書期限切れでエラーになる場合の対処法

証明書切れでsvnコマンドのhttps接続がエラーになる場合の対処法の備忘メモ。

svn: OPTIONS (URL: 'https://sv1.mydomain.jp/svn/hoge.txt'): Server certificate verification failed: certificate has expired, certificate issued for a different hostname, issuer is not trusted (https://sv1.mydomain.jp)

対象のリポジトリの適当なパスを svn ls に指定、そもそもちゃんとした証明書を使ってないので常に許可するを選択することで解消可能。

$ svn ls https://sv1.mydomain.jp/svn/
'https://sv1.mydomain.jp:443' のサーバ証明書の認証中にエラーが発生しまし た:
 - 証明書は信頼のおける機関が発行したものではありません。証明書を手動で認証
   するためにフィンガープリントを用いてください!
 - 証明書のホスト名が一致しません。
 - 証明書の期限が切れています。
証明書情報:
 - ホスト名: sv1.mydomain.jp
 - 有効範囲: Mon, 18 Feb 2013 01:31:32 GMT から Tue, 18 Feb 2014 01:31:32 GMT まで
 - 発行者: SomeOrganizationalUnit, SomeOrganization, SomeCity, SomeState, --
 - フィンガープリント: a4:97:fe:a3:68:d3:b4:66:4b:4c:b4:d8:08:04:b2:c2:40:80:64:e3
拒否しますか (R)、一時的に承認しますか (t)、常に承認しますか (p)? p
認証領域: <https://sv1.mydomain.jp:443> Subversion repository
'svnlock' のパスワード:

-----------------------------------------------------------------------
ATTENTION!  Your password for authentication realm:

   <https://sv1.mydomain.jp:443> Subversion repository

can only be stored to disk unencrypted!  You are advised to configure
your system so that Subversion can store passwords encrypted, if
possible.  See the documentation for details.

You can avoid future appearances of this warning by setting the value
of the 'store-plaintext-passwords' option to either 'yes' or 'no' in
'/home/sanko/.subversion/servers'.
-----------------------------------------------------------------------
暗号化されていないパスワードを保存しますか (yes/no)? no